本文へ

長岡市の塗装会社(有)小野塚塗装

よくある質問

見積もり、工事について

  • お見積りだけの依頼でも大丈夫ですか?

    もちろん大丈夫です。まだ塗装を検討中で費用の概算だけ知りたい方や建て替えも検討中なので参考までに費用を知りたいなどお客様のケースも様々ですのでお見積りだけのご依頼でも対応いたします。相見積もりにも対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 塗装工事をいつごろやるのがいいんですか?避けた方がいい季節とか・・・

    以前は塗料は気温の影響で伸び縮みするという話もあり、夏や冬は塗装には不向きだと言われていました。しかし、現在では塗料も進化を遂げたため気温に影響を受けなくなりました。ただ夏より冬の方が塗装が乾くまで少し時間は長くなりますがお客様にご迷惑になるほどの差はございません。とは言え新潟の冬は雪はもちろん、氷点下にもなれば大荒れの日が多いです。特に12月~2月はできる限り避けた方が無難でしょう。

  • 洗濯物は干せますか?

    塗装の前に塗装面の汚れを落とす高圧洗浄作業があります。この高圧洗浄作業中とベランダ等を塗装される場合は作業完了まで洗濯物は干せません。

  • 工事期間はどのくらいかかりますか?

    ご依頼内容、お住まいの大きさ、また築年数や痛み具合、立地条件などによって様々です。30坪くらいのお住まいですとだいたい1ヶ月ほどを目安にお考えください

  • 塗装工事中に窓の開閉は可能ですか?

    窓は塗装を行いませんし、塗料の付着を防ぐためにビニールシートでマスキングします。ですので過度の開閉はできません。もしどうしても・・・ということでしたらご相談ください。玄関や出入りのあるところ同様にマスキングの方法を配慮し対応いたします。

  • 工事対応地域外に住んでいるんですが施工してもらえますか?

    可能な限り対応させていただきますが基本的には長岡市及びその周辺地域となります。一度お問い合わせください。

  • 塗装工事以外の工事はお願いできますか?

    はい。可能です。外壁の張替、屋根の葺き替え、雨樋交換、その他リフォームもご依頼があればお受けいたします。料金に関しては塗装費用とは別途いただく形になりますので、お見積りの際にご相談ください。

塗装について

  • 遮熱と断熱の違いは何ですか?

    遮熱とは太陽光を跳ね返すこと。断熱とは住宅の中と外の熱の移動を無くすことです。
    なんの対策もしていない塗料ですと夏は当然お部屋の中は蒸し風呂のような暑さになります。遮熱塗料を使いますと、熱は屋根で遮断されますので室内が暑くなることはありません。ですがこの場合、冬に暖かい室内の熱が外へ逃げてしまいます。対処法としましてはやはり断熱塗料がオススメです。熱の移動そのものを防ぎますので夏も冬もお部屋の温度が保たれます。

  • 金属サイディングなんですが一生持つと勧めらたのですが塗装は必要ですか?

    金属サイディングの種類によって変わってきますが、20年以上経った素材は表面の荒れや粉が吹いたり錆てくるなどの症状が出てきます。鋼板系サイディングですと錆が奥の方へと浸食していきますので早めの対応が必要となります。鋼板自体の厚みは薄く、0.4~0.6mmほどしかありませんので穴が開いてしまってからは修復できません。ガルバリウム鋼板のサイディングは耐久性に優れていますが、やはり錆対策や目地対策として20~30年の間にお手入れをすることをオススメします。錆びにくいといわれるアルミでも年数により錆が出てきますが基本的に錆は表面だけに留まりあまり奥へ進行することはありませんが美観・目地の保護のためにきちんとお手入れすることをお勧めいたしいます。不安になられましたらお気軽にご相談ください。

  • レンガ模様のサイディングは塗装をすると模様が消えてしまうと聞いたんですが・・・?

    一般的な塗料だとサイディング用塗料でも、サイディングの模様はデザインも塗りつぶしてしまう形になります。そんな時は窯業サイディング専用のクリア塗料のご使用をお勧めします。ただ窯業サイディング専用のクリア塗料のデメリットとしましてはそのお値段です。一般塗料より高価になってしまいます。クリア塗料ですのでサイディングのデザインは変わらずに残ります。ちゃんとした適正なクリア塗料でないと4~5年で塗装が剥がることがあります。重要なのはきちんとした窯業サイディング用のクリア塗料かどうかということです。安価なウレタンクリア塗料などもありますが見た目では区別できないので注意が必要でしょう。ちなみに、磁器タイル用のクリヤー塗料もございます。

  • コンクリートの基礎や塀、ブロックも塗装が必要でしょうか?

    コンクリートの基礎や塀に関しては痛みやシミ等は起こっていないようでしたら必要はありません。しかし基礎や塀でも、エフロレッセンスといい、コンクリートの表面に粉を吹いた後が見受けられたり湿気が多いようだと処置が必要な場合があります。塗装の塗り直しも可能ですが、通常の外壁用塗料ですと剥がれやすくなってしまうのでコンクリート用の塗料を使わなければなりません。
    コンクリートの打ちっぱなしの壁などは湿気を溜めてしまうため定期的な塗装メンテナンスが必要です。
    一般の方では判断しにくいことですし、その判断を誤ってしまうと後々大変なことになりかねませんので大切なお家のためにもプロにご相談されることをお勧めします。

  • アルミサッシが一部白い粉を吹いています。塗装はできますか?

    アルミ素材のものにも塗装は可能です。しかし、アルミが劣化するような環境ですと塗装をしても塗膜が持たない場合もありますので一度、劣化部を確認させていただき、適した対処法をお勧めいたします。

  • シャッターは塗れますか?

    はい、可能です。ただ、巻き込み式のシャッターですと摩擦でキズが付きますし多少重く感じるかもしれません。



いますぐお問い合わせ

(0258)27-6402